新着情報・お知らせ

『高次脳機能障害リハビリテーション講習会…

新着情報・お知らせ

『高次脳機能障害リハビリテーション講習会のお知らせ』

『高次脳機能障害リハビリテーション講習会のお知らせ』

『高次脳機能障害リハビリテーション講習会のお知らせ』

8月24日に一般社団法人 日本損害保険協会助成事業 高次脳機能障害リハビリテーション講習会を開催致します。
今回は高次脳機能障害の当事者で文筆家の鈴木大介氏にお話いただきます。高次脳機能障害について、支援者側と当事者側からの講話を聞きながら、より深く学んでみませんか?
参加費は無料となっております。詳細については添付資料をご確認ください。
お申し込みは、申し込みフォームからお願い致します。
皆様のお越しをお待ちしております。

鈴木大介氏
1973(昭和48)年千葉県生まれ。文筆業。41歳で脳梗塞を発症。リハビリを重ね、日常生活に復帰した高次脳機能障害の当事者。著書に『最貧困女子』『脳が壊れた』『されど愛しきお妻様』などの他、漫画『ギャングース』(原案・著書『家のない少年たち』)のストーリー共同制作を担当。


リハセン 岡村

カテゴリリハセン

最終更新日2019-07-02 16:20:17

新着情報・お知らせの一覧へ戻る